あなたが借りられる限度額は?

いくらまで借りられるか?

お金が必要なとき、「限度額がいくらで、自分はどれくらい借りられるか?」が重要です。

 

自分が借りられる限度額

できるだけたくさん借りたいけど、どこまで借りられるか不安。
例えば、あと5万円あれば今月はなんとかなる。
そこで、消費者金融を利用して借りたい。
さて、あなたが借りられる限度額はいくらになるでしょうか?

 

一般的に、初めての利用ですと、収入とのバランスの関係によって借りられる額が決まってきます。
利用できる限度額は契約段階で分かりますので、まずは申し込みをするしかありません。
比較

 

 

<プロミス>
利用可能限度額は、500万円まで。
Web完結ならカードレス。(対象金融機関は200行以上あります)
30日間無利息サービス。
・プロミスでの契約が初めての方
・Eメールアドレスの登録が必要
※契約の翌日でなくて、初回出金の翌日から適用

 

プロミスカード会員向け優待サービス!
「おとくらぶ」なら最大80%OFF!!
今なら、年会費無料で宿泊、グルメ、レジャー等で優待あり。
お急ぎください!

 

プロミスへのお申し込みはコチラ
↓↓↓↓↓↓
LP_200×200

 

<モビット>
利用可能限度額は、最高800万円まで。
約定返済日は、1ヶ月に1度、都合に合わせて、5日、15日、25日、末日から選べます。

 

モビットへのお申し込みはコチラ
↓↓↓↓↓↓
LP素材 200x130

 

<アイフル>
利用可能な限度額は、最高500万円まで。
「配達時間えらべーる」を使えば、翌日からの指定時間に受け取れます。
(15時までの契約手続きの場合)

 

アイフルへのお申し込みはコチラ
↓↓↓↓↓↓

 

サイトでの表現

消費者金融各社のサイトをみると、「ご融資額」とか、「最高融資限度額」とか、「最大●●●円まで」などの表現がされています。
いずれにしても、限度額は何百万円クラスになっているのが普通です。
では、いくらから借りられるか?も念のために確認しておきましょう。
「1万円から」とか、中には「1,000円から」というのが普通です。ですので、ちょっとだけお金がいるときにも便利なのが、消費者金融というわけです。

 

ということで、各社のサイトにある商品説明と、実際に借りられる限度額には違いがあることを理解しておきましょう。つまり、契約書の契約極度額が利用できる限度額となります。

 

消費者金融ではほとんどがインターネットで手続きができるようになっています。
申し込みから契約までをネット完了して、後はカードを受け取るだけです。
カードさえあれば、いつでもどこでもATMを使ってお金を引き出すことができます。
もちろん、カードを受け取るのが面倒なときは、口座振込を選ぶことも可能なので、自分にあったものを選びましょう。
表現

 

申込時の注意点

消費者金融を利用するとき、自分が借りられる限度額を知りたいものです。しかし、それが分かるのが契約時ですので、申し込みをしないといけないわけです。審査が行われて、貸付可能額が決まったら、限度額を提示されます。そうすれば、いくらまで利用できるかを知ることができるのです。
さて、ここで注意しておきたいこととして、一度に複数の会社に申し込まないことです。というのは、信用情報機関というところに、消費者金融に申し込んだ履歴が登録されることになっているからです。ちなみに、登録期間は最大6ヶ月と言われています。つまり、この間に何社も申し込むとそれを他社で確認される可能性があるというわけです。
申込

 

必要な額を見直す

無事に契約まで終わって限度額が提示されて、自分が必要としている額まで利用できる要になった場合、できれば必要な額以下の借入れにできるように努力しましょう。というのは、借り入れをするわけですから、返済時には利息を付けて支払うことになります。本当に短い期間だけ利用するのでしたら、無利息サービスを活用すれば、金利ゼロで借りられる場合もあります。しかし、ある程度の金額を借りるとなれば、当然毎月の返済となるでしょう。そこで、注視したいのは、利用額です。これが少ないとその分金利も少なくなります。
つまり本当に必要かどうかをもう一度見直してみて、できるだけ少ない額を借りるようにしてみることが金利節約につながります。

 

消費者金融